毎日飲むもの

ウォーターサーバーのボトルにも種類がある?

ウォーターサーバーの水は、ボトルの中に入って業者から運ばれてきます。
そのボトルをはじめに、ウォーターサーバーにセットして天然水を利用することになります。
ウォーターサーバーを使い続けていると、ボトルがどんどん貯まってきます。

そんなボトルですが、ボトルにも種類があります。
最近ではウォーターサーバーのボトルの種類に注目して選んでいる人もいるということです。
ウォーターサーバーのボトルには、いったいどのような種類があるのでしょうか。

ボトルは2種類にわけられると考えられています。
再利用できるボトルと、使い捨てタイプのボトルです。

再利用することのできる事とはガロンボトルというふうに呼ばれています。
使い捨てできるボトルはワンウェイボトルと呼ばれています。
それらを知った上で、ウォーターサーバーのレンタルについても考えていくと良いのではないでしょうか。

それぞれメリットデメリットがあるので、見ていきましょう。
まず、再利用できるタイプのガロンボトルですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

地球環境に良いっていうところがメリットです。
ボトルを再利用するので、ゴミが出ることがありませんし新しい資源が必要でもありません。
エコ活動を意識しているのであれば、このタイプのボトルが良いのではないでしょうか。
空になったボトルは業者が回収してくれるので、自分たちで何かしなければならないということはありません。

デメリットは、業者がボトルを回収してくれるまでそれを保管する必要があるということでしょうか。
ボトルが邪魔になってしまうこともあるでしょう。
また、ポリカーボネート樹脂の使われているボトルの場合人体に悪影響を及ぼす可能性があると最近考えられるようになってきているので、それもデメリットと言えます。

ワンウェイボトルは資源ごみとして廃棄することもできるので、保管しておくような必要がありません。
また、空気が入らないので常に新品の状態で衛生的に使うことができます。
ごみの処理がデメリットなくらいで、人気の高いボトルです。

Copyright(C) 2013 自分に合ったタイプを All Rights Reserved.