毎日飲むもの

ウォーターサーバーは水道水とどう違うの?

ウォーターサーバーをレンタルする人が増えていますが、ウォーターサーバーの水はどのように良いのでしょうか?
水道の水とは、どのように違うのでしょうか?

水道の水ではなくウォーターサーバーを利用する意味があるのです。
ウォーターサーバーの水は、山の天然水などを自然から取られているものばかりです。

取扱い業者のホームページを見ると、どのような所から取れた水なのか確認することができますし、安全性もしっかりと見ることができます。
水には様々な成分が入っているので、その成分が全て公開されているのです。
成分を見ることができるからこそ、安全性を知ることができて安心できますよね。
また、放射能検査なども行われているので、放射能に汚染されているような心配もありません。

水道の水は、いろいろと悪い噂を聞くこともありますよね。
東京の水道局では、放射性物質が検出されたこともあります。
水道の水は、まず飲み水として安全になるよう殺菌消毒が行われています。
ですのでそれらの化学物質が入っているのです。

残留塩素がありますし、カルキのにおいは夏場になると特に気になってしまいますよね。
少量とは言え発癌性物質も含まれているので、毎日飲むことに抵抗を感じる人もいるでしょう。
小さな子供がいるならばなおさら、気になってしまいますよね。

このように、ウォーターサーバーの水と水道水では、大きな違いがあるのです。

東日本大震災が起きて、福島の原子力発電所がメルトダウンを起こしました。
そのようで、放射能があちこちを汚染してしまい、水の安全性についても問われるようになりました。
東日本大震災をきっかけに、水道水をやめるようになってウォーターサーバーをレンタルする人は増えてきています。

水の安全性を追求したいならば、ウォーターサーバーレンタルが一番ではないでしょうか。
コストもそこまでかからないので、どのような家庭でもウォーターサーバーをレンタルする事が可能です。

Copyright(C) 2013 自分に合ったタイプを All Rights Reserved.