毎日飲むもの

赤ちゃんのミルクにもウォーターサーバーは使える?

水道の水には残留塩素が含まれていますし、わずかながら発癌性物質もあります。
飲んでも大丈夫な量なので含まれているわけですが、それでもやはり体に良いものではないのですから心配ですよね。

特に、赤ん坊にミルクを作るような場合水道の水で作るのがためらわれてしまいます。
有害物質だとわかっているのに、その水を与えるのは嫌ですよね。
沸騰させることで水道水の残留塩素や発癌性物質を飛ばすことができるとも言われていますが、もともと入っていたと思うと気持ちが悪いものです。
それに加え、水道管からカビやサビが出てくる可能性だってあるのですから、それまで排除することは不可能です。

赤ちゃんの体はとても繊細ですし、大切にしていかなければなりません。
守ってあげられるのは親だけなのですから、ミルクを作る水にもこだわりを持っていきたいですよね。

ウォーターサーバーの水ならば、赤ちゃんにとっても健康的なミルクを作ってあげることができます。
水道の水に含まれているような有害物質がないので、赤ちゃんの健康を守ることができるでしょう。

しかしウォーターサーバーの水で赤ちゃんにミルクを作るような場合は、水の種類に気をつけなければなりません。
水に種類があるのでしょうか?細かく成分まで調べる必要はありません。

水は大きく分けて二つの種類があると考えられています。
軟水と硬水です。
軟水と硬水とはいったいどのような水で、そしてどちらが赤ちゃんに良いのでしょうか。

軟水は私たちがいつも口にしているような水です。
硬水は、マグネシウムとカルシウムの含有量が多い水のことです。
マグネシウムとカルシウムの含有量が多いと、便秘改善に大変役立ちます。
しかし、赤ちゃんには刺激が強くて赤ちゃんが下痢を起こしてしまうような可能性があります。

ウォーターサーバーの水で赤ちゃんにミルクを作るときは、マグネシウムとカルシウムの含有量が多くない軟水を選ぶべきでしょう。
赤ちゃんが下痢を起こしてしまうと脱水症状になってしまう可能性もあり、大変危険です。

Copyright(C) 2013 自分に合ったタイプを All Rights Reserved.